過剰なダイエットが引き起こす問題

痩せたい!という願望は多くの日本人女性が抱いていることでもあります。
特に最近の若い女性を見ているとやせすぎの女の子が多いことが目に付きます。

 

現代は、ポッチャリした女の子よりも細身の女のこの方が嫌いだというイメージが強いようです。
これはメディアに登場しているモデルさんやタレントさんにもそういった痩せ型の体型をした女性が多いのでその影響が強いのではないでしょうか。

 

痩せること自体は何も悪いことではありません。
でもそれが度が過ぎると体に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

ダイエットをしすぎて、あまりにも痩せてしまうことで、体にいろんな不具合が出てくるのです。
特にあまりにも痩せたいと言う願望が強すぎてしまうと、拒食症(摂食障害)という病気になることもありえるのです。
拒食症は、特に10代から20代に人に多く、ストレスやダイエットが原因を発症すると考えられています。
多くの有名人がこの病気に罹り、中にはなくなった方もいるほど怖い病気なんだそうです。

 

はじめは痩せたい、やせなきゃという理由でダイエットを始めて、そのうちに異常なほどの痩せたいと言う願望が現われてしまい、もうすでに十分痩せているにもかかわらずん、当の本人はもっとやせなくてはならないと思い込んでしまうんですね。
そして食べることができなくなってしまうのです。

 

あまりにも痩せたいと言う願望が強すぎるのも考えものですね。
ですから、ダイエットのし過ぎには注意して、ほどほどにすべきということなんです。