おいしいものが大好き、お酒も大好き、仲間と楽しむ時間が大好きで、ついつい食べすぎたり飲みすぎたりしてしまい、気が付くと体重が増加してしまったことがあります。
そりゃぁ太るだろうというような生活をしていたのだから、仕方のないことですが、フェイスラインが変わってきたり、デニムがきつかったり、ブーツまできつくなってしまったり、これはもうダイエットするしかない、という状況に陥って、食事制限と運動を行った経験があります。

 

太ってしまうのはシンプルに摂取カロリーが消費カロリーをオーバーしてしまっているから。
痩せるためには摂取カロリーを減らして、消費カロリーを増やすことが一番です。 甘いものなど糖分はあまりとらないのですが、お酒が好きだということで、自然と糖分もたくさんとってしまっていたようです。
ダイエットに糖分の取りすぎは大敵ですから、大好きなお酒も少し我慢しないといけないということになります。
しかし何もかも我慢して制限してしまうと、長続きするはずもないし、ストレスがたまり、逆にリバウンドしてしまうということにもなりかねないので、自分なりにできそうな範囲でのダイエットを長期間ゆるく行うことが大切です。
私が行ったのは、食事や飲み会などの予定のない日の夕食は野菜ジュースやトマトジュース、ヨーグルトなどに置き換えるという方法です。

 

置き換えダイエット専用のドリンクやシェイクなどもありますが、お値段が高過ぎて、続けるのは難しそうだったし、効果が出ないと、悲しいので、自分なりの置き換えダイエットという意味で野菜ジュースやトマトジュースを選びました。
またランチやディナー、飲み会などの楽しい予定が入っている日はそれ以外の前後の食事をそのような置き換えにして、調整するようにしました。
楽しむときはとことん楽しむ。せっかくの楽しい時間は我慢せずにおいしくいただく、というのも大切だと思います。
ただし、食べすぎ、飲みすぎは厳禁です。

 

食べる料理を少しだけ気にして選んでみたり、野菜をたっぷりとれるおつまみを頼んだり、またお酒もビールや日本酒など糖質の多いお酒は避けて、ワインや焼酎などのお酒を選ぶようにしてみたり、自分なりに、少し気をつけるだけでもずいぶんと違ってくるのではないでしょうか。
そのような食生活、そして軽いウォーキングや縄跳びなどをすることで、増加していた体重も徐々にもとに戻り、顔周りもすっきりとしてきて、お肌の調子などもよくなりました。
無理のないゆるいダイエットはその後もちょっと体が重いな、と思ったとき、すぐに実行できるので、体型維持に役立っています。